読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三回目の抗ガン剤投与

二回目の抗ガン剤は、効果を発揮し、ほんの少し癌が小さくなっていたとのことでした。

今のところ痛みも有りませんし、せめて大きくさえなっていなければと願っていたので、少しでも小さくなってくれて、皆んなで本当に喜びました。

抗ガン剤の効果はまだまだ現れて来ると期待し、3回目が終わったら、もっと小さくなっていてくれるものだと大きな希望も持って臨みました。

 

三回目は、さらに怠さが増して、前の二回より、更に辛そうです。寝汗が凄いとのことで、あまり眠れていません。昼間も殆ど横になっています。

粘膜がやられてしまい、口の中が荒れて痛いのので、薄味の物を少ししか食べられません。バナナや、イチジクのヨーグルト、カシューナッツで栄養を繋いでいます。髪質もごわごわした感じになってきました。

お薬のコントロールは、うまく行っているようで、吐き気はほとんどありません。便秘も今回も大丈夫です。

見た感じの変化も無く、1週間が過ぎる頃には、また復活してきてくれました!

自転車で、また、遠くまで出かけてきたようです。「今日は、〇〇まで自転車こいでいってきたんだよ!でも、さすがに疲れたわ。」と言う母。

「ああ、良かった。今度はどんなにか癌が小さくなっている事でしょう。」

と思っていました。 

先生に診ていただく日にレントゲン撮影もしてもらえます。

また、後日経過を教えて貰えるでしょう。先生もこれならば、帰省しても大丈夫との事だったようです。

 

しかし、翌日から、気になる空咳がまた聞こえるようになりました。

「あれ?また空咳してる?ずっと治っていたのにね。」と少し嫌な予感がしていました。

次の日の朝、夜中から高熱が出てしまったのです。「帰省する日まであと3日位しか無いのに、今こんな高熱が出だしたら、、、間に合わないから、キャンセルしようか。」

母は、「うん、ちよっと無理かな?でも、調子に乗って動き過ぎたから熱が出ただけなら、日に日に良くなるから、行こうかな」と葛藤していました。